穴山勝堂と富士

穴山勝堂と富士
 日本画家・穴山勝堂(1890−1971年)は、御坂町(現・笛吹市御坂町)生まれ。東京美術学校在学中は洋画を学ぶが、日本画家の松岡映丘(1881−1938年)に師事してからは、日本画に転向。1921(大正10)年、狩野光雅、遠藤教三らと新興大和絵会を結成し、新しい大和絵の可能性を追求した。

 1931(昭和6)年、第12回帝展で「夕映えの松」が初出品で特選となり、宮内省買い上げとなったほか、第14回帝展でも再び特選に選ばれている。1938(同13)年には、望月春江、川崎小虎らと日本画院を創設。戦後は、山梨に戻り、山梨美術協会設立会員として活躍、1968(同43)年に県文化功労者表彰、1970(同45)年、勲五等瑞宝章を受章した。

 大和絵山水画を本領としていた勝堂にとって、松と富士は生涯のテーマとして晩年まで描き続けられた。作品「夕富士」(山梨県立美術館蔵)は、夕映えの中の松と富士という勝堂ならではの作品である。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。