富士山の思い出、感動を短歌に

富士山の思い出、感動を短歌に
 全国から富士山に関する短歌を募集する「富士山大賞」。NPO法人富士山自然文化情報センターやNPO法人富士山クラブ、全国富士講睦会などの関係者が同会の結成88年に合わせ、2016年に創設。

 富士山やほかの山に登った感動、思い出をテーマにした短歌が対象で、山に関する歌であれば、「富士山」という言葉が入っていなくても可。未発表作品に限り、一人一首、同賞事務局に送る。応募無料。

 選考委員長は日本芸術院会員の岡井隆さん(山日新春文芸短歌選者)。選考委員は山梨県立文学館館長の三枝ミ之さん(山日文芸短歌選者)、穂村弘さん、東直子さん。

 応募作の中から大賞、準大賞、優秀賞、学生優秀賞、佳作などを選ぶ。2016年は約1千首が寄せられた。

 2017年は5月から9月に作品を募集。12月に選考結果を発表する。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。