「御師料理」観光資源化へプロジェクト

「御師料理」観光資源化へプロジェクト
 富士講信者の宿坊である御師の家で振る舞われていた「御師料理」を観光資源として、観光客へ提供しようとするプロジェクトが山梨県富士吉田市で進められている。御師料理について、関係者から話を聞いたり、文献を調べたりして実像を把握。和食の専門家らのアドバイスを受けながらメニュー化し、飲食店や宿泊施設での提供を目指す。海外での和食ブームを踏まえ、地元観光業者には御師料理の提供が、さらなる誘客の追い風になると期待する声がある。

 御師料理とは、富士講信者が宿泊していた御師の家で、信者に提供されていた料理。市は2013年に県内で開催された第28回国民文化祭の一環で、一部の文献などを参考に江戸時代に振る舞われたとされる御師料理を再現。このときの献立はコイの刺身「コイのあらい」、ひじきとジャガイモの煮物、ゴボウの鳥肉巻きなどだった。

 ただ、富士吉田市によると、御師の家で一般的に出されていた献立について本格的な調査は実施されていない。

 プロジェクトでは、市が中心となって16、17年度の2年間で御師の家の関係者に話を聞いたり、過去の文献を調査したりして、御師料理の実像を把握、和食の専門家にアドバイスを求めてメニューをつくる。料理は18年度以降、市内の旅館やホテル、飲食店で提供するよう働き掛けるほか、学校給食のメニューにも加える方針。

 2016年4月に同市役所でプロジェクトの発足式。同年6月には、御師料理について考える講演会が開かれた。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。