食館 侍(SAMURAI)

食館 侍(SAMURAI)
元すし職人が営む くつろぎの和食店

 富士北麓の豊かな自然に魅せられて、20年前に東京から移住した店主の斉木一郎さん。ほうとう、うどん、そして自身がすし職人だったことからすし握りの食作り体験教室を営む傍ら、飲食店を開きたいとの思いが高じて2016年の9月にオープンした。自宅1階の和室2間を店舗として開放しているので、わが家にいるようにくつろげると好評。「個室なので子連れの方も気兼ねなく使ってほしい」と店主は話す。

 米は新潟県の専業農家がこだわり農法で栽培したコシヒカリ「花の米」を使用。店主が以前から好んで食べていたもので、このおいしさを知ってほしいと取り入れたという。

 店は店主一人で切り盛りしている。そのため、お客さんを待たすことのないよう昼は一日6食限定の「定食」(各800円)がメーン。「豚丼セット」「鶏の甘酢あんかけ定食」「豚の角煮定食」などの固定メニューの他、季節や仕入れた食材によって内容が変わる「本日のお薦め定食」も用意した。定食にはサラダ、漬物、みそ汁、日替わりの副総菜が4品付く。

 夜は1日1組限定、完全予約制のコースのみ(2000円〜※前日までに予約)。2人以上からは貸し切りとなるので、さまざまな用途で利用できそうだ。料理の内容はその都度変わるが、「お造り」や「鍋」などが登場する。3月末まで昼夜共通でデザートのサービスあり。(2017年3月取材)
富士山NET−富士山味グルメ
住 所 山梨県富士河口湖町勝山4163−1(勝山小・中学校はす向かい)
電 話 0555(73)9407
営業時間 午前11時〜午後2時 ※夜は完全予約制
定休日 不定休
備 考 内容については取材時のものです。各情報は変更になっている場合があります。お店にお問い合わせをしてからお出かけください。


山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。