青い富士山カレー 赤い富士山カレー

青い富士山カレー 赤い富士山カレー

 山梨県富士河口湖町船津の県立富士山世界遺産センター内のカフェ「Lava Cafe」が2018年4月から提供した、富士山をイメージした「青い富士山カレー」=写真右。富士山形に盛り付けたご飯に、山体の色をイメージした青色のルーをかける。

 センター運営の「フジネット共同事業体」の担当者が考案。形だけではなく、山体の色まで忠実に表現しようと開発。

 ルーはホワイトカレーを無害の着色料で青色に色付け。付け合わせのオニオンフライは溶岩、ピクルスは樹海をイメージ。

 同年6月下旬には、総重量3キロの「メガ盛り青い富士山カレー」が登場。富士山形に盛った重さ2キロのライスに、1キロのルーをかけた。フリーズドライのカボチャやゴーヤーなどを「麓」にちりばめ、富士五湖を再現。

 同年11月から、レトルトパック「青い富士山カレー」も発売。



 2019年1月には、赤い富士山をイメージした「赤い富士山カレー」=写真右=を提供。葛飾北斎の富嶽三十六景の一つで、朝焼けに染まる「赤富士」を描いた「凱風快晴」がモチーフ。

 パプリカの天然色素などで赤く色づけたルーに和風だしを調合。トッピングのピクルスは樹海、フライドオニオンは溶岩をイメージしている。スパイシーな辛さも特徴で、辛さは3種類から選べる。通常の20倍の辛さのカレーを「富士山頂上」と名付けた。

 同年2月には期間限定で「メガ盛り赤い富士山カレー」が登場。重さ3キロのライスに、2キロのルー、唐揚げ約500グラムをトッピング。

 同年2月23日から、レトルトパック「赤い富士山カレー」も発売。



 なお、カフェ「Lava Cafe」は2019年3月24日をもって営業を終了。現在は、富士眺望の湯ゆらり(鳴沢村)、河口湖ハーブ館(富士河口湖町)、中央自動車道双葉SA下り・レストラン富士山テラス(甲斐市)で提供。(いずれもメガ盛りの提供はなし)

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。