鉄道敷設、北麓へ観光客誘致を構想

鉄道敷設、北麓へ観光客誘致を構想
 山梨県の富士河口湖町から大月市へ、郡内地域を南北に結ぶ富士急行線は、富士山麓電気鉄道として1929(昭和4)年に大月−富士吉田駅間23.6キロで開業。1950(昭和25)年には富士吉田−河口湖駅間3.1キロが延びた。

 創業したのは、黒駒村(現笛吹市)出身の堀内良平(1870〜1944年)。小野金六らと共に富士身延鉄道(現身延線)を創立し、国内初の乗り合いバス会社などを立ち上げた。富士山麓電気鉄道の敷設は、堀内が尽力した富士山麓一帯の開発への足掛かりだった。富士山麓電気鉄道の設立趣意書に、堀内は「富士山の北麓にある景観の地を、広く都会の人々に周知させる。それには新鉄道会社を設立して、観光客を誘致する開発を行えば、地域の発展に役立つ」と書き記している。

 現在は、普通電車のほかフジサン特急やトーマスランド号、富士登山電車、中央線からの直通電車も運行され、観光や通勤、通学の足として役立っている。



 2002年2月:フジサン特急の運行を開始(初代2000系)。
 2004年11月:「都留文科大学前駅」が開業。現在の駅数は18。
 2009年8月:開業80周年に合わせて観光列車「富士登山電車」の運行を開始。
 2011年7月:「富士吉田駅」を「富士山駅」に改称。その富士山駅ではスイッチバックが行われ、進行方向が変わる。
 2014年7月:大月駅の駅舎を新装し供用開始。新型のフジサン特急(8000系)の運行開始。JR特急「成田エクスプレス」の直通運転開始。
 2015年3月:富士急行線全駅の改札でカード型IC乗車券「Suica」導入
 2016年4月:新型特急「富士山ビュー特急(8500系)」の運行を開始。



 【駅】大月、上大月、田野倉、禾生、赤坂、都留市、谷村町、都留文科大学前、十日市場、東桂、三つ峠、寿、葭池温泉前、下吉田、月江寺、富士山、富士急ハイランド、河口湖
富士山NET−富士急行線
富士急行線 富士山駅


山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。