観光情報、9カ国語で発信 WiFi向けサイト

観光情報、9カ国語で発信 WiFi向けサイト
 山梨県などが開設している、公衆無線LANサービス「WiFi(ワイファイ)」を使って利用する外国人観光客向けのポータルサイト「ツーリスト インフォメーション」。世界文化遺産に登録された富士山周辺で2013年7月にスタートし、構成資産や観光情報を一元的に多言語で発信している。

 同サイトは、県や通信事業者でつくる「やまなしフリーWiFiプロジェクト」が運営。外国人がWiFiスポットでスマートフォンやタブレット端末で閲覧できる仕組みとなっている。

 サイトでは富士山の構成資産を映像を交えて配信。英語や中国語、スペイン語など9カ国語を用意。「具合が悪い」「救急車を呼んでください」などの言語を外国語と日本語で示した「指さし会話帳」もあり、外国人観光客が困った際の補助的な機能も付いている。

 このほか、観光客に安心して楽しんでもらうため、噴火に関する最新情報も配信。観光マップはWiFiスポット内でPDFでダウンロードすれば、スポット外に持ち出しても閲覧できる仕組み。

 WiFiは、該当エリアのユーザーに対し、ピンポイントで必要な情報を提供することが可能。富士山周辺に関する情報は、富士吉田、富士河口湖など周辺9市町村で配信し、外国人観光客が気軽に利用できる形態となっている。

 問い合わせ先は山梨県観光部観光振興課。URL:https://www.yamanashi-kankou.jp/wi-fi/

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。