眺望地点の整備に着目したガイドライン

眺望地点の整備に着目したガイドライン
 山梨県が2014年4月に作成した、富士山や甲府盆地などの眺望ポイントを新たに整備したり、維持管理する際の注意点をまとめた「公共眺望ポイント整備ガイドライン」。安全面に加え、見やすさも重視した眺望ポイントを整備してもらおうと、初めて作成。県のホームページで公開し、観光スポットの整備を検討している市町村や事業者に活用を呼び掛けている。

 ガイドラインは県職員のワーキンググループが2011年度から策定作業を始め、現地調査や有識者の意見を踏まえてまとめた。

 ガイドラインでは、「見る対象がどんなに美しくても、見る場所がなければ『景観』は成り立たない」とし、眺望を満喫できる場所の整備、維持管理することの必要性を強調している。

 眺望地点を整備するポイントとして、訪れた人がゆったりと眺望を楽しめるように、看板やベンチ、トイレ、照明などを配置することを挙げた。また、対象物の眺望を損ねる樹木の枝打ちや伐採を行い、展望台、看板など構造物の破損、劣化に対応することを求めた。

 新しい眺望地点を開拓する際は、対象となる景観が見やすく、ほかのものに邪魔されていないなど、立地条件を意識するようアドバイスしている。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。