山梨日日新聞:2012年04月21日(土)

杉浦家住宅と有隣園資料館 有形文化財指定へ文化審答申


杉浦家住宅
 
有隣園資料館
 
 文化審議会(宮田亮平会長)は20日、昭和町の杉浦家住宅敷地内の建造物5件と富士河口湖町の有隣園資料館の計6件を登録有形文化財とするよう答申した。近く答申通り指定、登録され、県内の登録有形文化財(建造物)は計69件となる。

 杉浦家住宅は、甲府盆地を中心にまん延した地方病(日本住血吸虫病)の研究に尽力した医師杉浦健造、三郎親子が生活。答申では主屋、旧医院、屋敷蔵、土蔵、納屋を登録有形文化財に指定するよう求めた。

 主屋は木造平屋(一部2階建て)、寄棟造桟瓦葺よせむねづくりさんがわらぶき。明治中期、健造が開業した医院兼住宅として建てられた。

 三郎の開業に伴い1929(昭和4)年に建築された旧医院は木造平屋(一部2階建て)、入母屋いりもや造桟瓦葺。主屋東側に建っている。

 一方、河口湖畔にある有隣園資料館は木造2階建て。37(同12)年に米国人の別荘として建築され、杉皮張りの外壁や板葺屋根が当時の別荘建築の特徴を示している。保存のため、2009年に改修工事が行われた。

 ほかの主な答申では、山形県舟形町の西ノ前遺跡の出土品で、女性をかたどった優美な造形で知られる縄文時代中期の「土偶」と、南宋時代の中国で描かれ日本に伝来した仏教絵画「絹本著色阿弥陀あみだ三尊像」の2件を国宝に指定するよう求めた。

 県内分を含め、美術工芸品の重要文化財は1万478件(うち国宝868件)、登録有形文化財は建造物が8992件、美術工芸品が14件となる。


特集

feature

世界遺産「富士山」へ プロジェクト始動 世界遺産「富士山」へ プロジェクト始動
富士山は日本のシンボルとして、日本人だけでなく世界中の人々からも愛されてきました。その富士山の文化的景観を後世に残すため、2005年4月「富士山を世界遺産にする国民会議」が発足しました。

バックナンバーはこちら