山梨日日新聞:2012年05月02日(水)

自生する山野草 写真90点で紹介
山梨県環境科学研究所



 
 富士吉田市上吉田の県環境科学研究所は、山梨に自生する山野草を紹介する写真展を開いている=写真。

 県内の山野で撮影された植物の写真約90点を展示。展示は2期間に分け、1期は「食・毒・薬草・他」をテーマに、ワラビやゼンマイといった春の山菜から、ヒメジオン、タンポポなど食べられる野草や薬草を紹介。トリカブトとニリンソウなど、間違いやすい山菜と毒草の見分け方を解説するパネル展示もある。

 1期は10日まで。2期は「似ている山野草」をテーマに12日から6月10日まで開く。入館無料で時間は午前9時〜午後5時。


特集

feature

世界遺産「富士山」へ プロジェクト始動 世界遺産「富士山」へ プロジェクト始動
富士山は日本のシンボルとして、日本人だけでなく世界中の人々からも愛されてきました。その富士山の文化的景観を後世に残すため、2005年4月「富士山を世界遺産にする国民会議」が発足しました。

バックナンバーはこちら