女子ラグビー仏代表を激励
富士吉田で県が歓迎会

更新日:2018年04月14日(土)

 県は13日、富士吉田市内で、富士北麓公園で合宿しているラグビーのフランス女子7人制代表チームの歓迎会を開いた。

 同チームは21、22の両日、福岡県内で開かれる国際大会に出場するため、11日から16日まで同公園で合宿している。歓迎会で後藤斎知事は「山梨の地で最終調整をし、優勝を目指してほしい」とあいさつ。花束と記念品を選手代表に手渡した。

 同チームのファニー・オルタ主将は「温かい歓迎を受け、うれしく思う。ラグビーをきっかけに日仏関係が一層深まることを期待している」と話した。

 フランスのラグビー協会は、同国の男女代表チームが2020年東京五輪の事前合宿を同公園で行うことで、県や富士吉田市と合意している。

歓迎の花束を笑顔で受け取るラグビーのフランス女子7人制代表チームの選手=富士吉田市内
歓迎の花束を笑顔で受け取るラグビーのフランス女子7人制代表チームの選手=富士吉田市内
ページの先頭へ戻る