【桜便り2018】忍野・新名庄川

更新日:2018年04月14日(土)

 忍野村忍草の新名庄川沿いでソメイヨシノが見頃を迎え、多くの観光客でにぎわっている。

 村観光協会によると、例年より約1週間早い7日ごろに咲き始めた。両岸からせり出す桜の合間から、富士山を望むことができる。桜、川、富士山を一枚の写真に収めようと、多くの人がカメラやスマートフォンを構えている。

 数日中に満開となる見込み。お宮橋周辺では19日まで、日没から午後9時までライトアップしている。

 東京都葛飾区から訪れた井上盛男さん(75)は「きれいに咲いていて、良いタイミングだった。満足できる写真が撮れた」と話していた。

富士山をバックに新名庄川沿いに咲くソメイヨシノ=忍野村忍草
富士山をバックに新名庄川沿いに咲くソメイヨシノ=忍野村忍草
ページの先頭へ戻る