富嶽写真コンテスト、デジタル部門新設
大月市、応募作品増へ

更新日:2019年01月06日(日)

 大月市と市観光協会は、「第26回秀麗富嶽十二景写真コンテスト」の作品を募集している。応募作品を増やそうと、従来のフィルム部門に加え、デジタル部門を新設した。

 募集しているのは、市が指定した「秀麗富嶽十二景」を望むことができる滝子山や岩殿山などの山頂付近から撮影した、四季折々の富士山の写真。

 新設のデジタル部門は、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真を応募できる。A4サイズで、1人5点まで。フィルム部門はポジカラーフィルムによるダイレクトプリント四つ切りで、1人12点まで。

 賞金はフィルム部門が15〜1万円、デジタル部門は3〜1万円。両部門とも25日までに市産業観光課に郵送または持参で応募する。作品は4月に市民会館などで展示する予定。

 問い合わせは同課、電話0554(20)1829。

ページの先頭へ戻る