フクジュソウ開花、西桂
山里に「春」告げる

更新日:2019年02月10日(日)

 西桂町下暮地の東山昭夫さん(78)、春代さん(71)夫妻が同所に所有する山林「とうざんの里」で、フクジュソウが咲き始めた。10日から24日まで一般開放する。

 東山夫妻は7〜8年前から約130アールの山林の各所にフクジュソウを植え、株数を増やしてきた。現在は約4000株あり、今月中旬以降に見頃のピークを迎える見通し。

 昭夫さんは「今年は例年より10日ほど早く開花した。春の訪れを象徴する花を、山を散策しながら楽しんでもらいたい」と話している。

 一般開放は午前10時〜午後3時半。問い合わせは東山さん、電話0555(25)2361。

咲き始めたフクジュソウ=西桂町下暮地
咲き始めたフクジュソウ=西桂町下暮地
ページの先頭へ戻る