223人目標に献血を呼び掛け
山梨、静岡でキャンペーン

更新日:2019年02月24日(日)

 山梨、静岡両県の赤十字血液センターは23日、富士山の日(2月23日)に合わせ、昭和・イオンモール甲府昭和などで「ふじさん献血」と題して献血を呼び掛けるキャンペーンをした。

 両県のセンターが合同で企画し、2回目。計223(ふじさん)人の献血協力者を募るのが目標で、大学生や甲府南高の生徒ら25人が協力を呼び掛けた。日本赤十字社のキャラクター「けんけつちゃん」と県の観光PRキャラクター「武田菱丸」との記念撮影会もあった。

 同センター副部長の才間俊郎さんは「全国で1日に約3千人が輸血を必要としている。血液は長期保存や人工的に作ることができないので、多くの方に協力してほしい」と話していた。

献血への協力を呼び掛ける学生ら=昭和・イオンモール甲府昭和
献血への協力を呼び掛ける学生ら=昭和・イオンモール甲府昭和
ページの先頭へ戻る