県内在住者対象に年間フリーパス配布
河口湖オルゴールの森美術館
開館20周年イベントで

更新日:2019年03月06日(水)

 富士河口湖町河口の観光施設「河口湖オルゴールの森美術館」(稲川素子館長)は、開館20周年イベントとして、県内在住者を対象に年間フリーパスを配布する。

 同館は1999年9月9日にオープンした。20周年を迎える今年は順次イベントを展開する予定で、年間フリーパスは第1弾。

 対象は県内在住者で1世帯1枚まで。4月26日までの間、県内在住を証明できる身分証明書を同館に持参すると無料で発行される。来年2月29日まで何回でも使用でき、1枚で2人まで入場できる。

 同館では年間を通じてオペラやランチタイムコンサート、自動演奏楽器を伴奏にしたタップダンスコンサートを開催している。同館の担当者は「多くの県民に来場してもらうことで、県外の観光客への魅力周知につなげたい」と話している。

 問い合わせは同館、電話0555(20)4111。

ページの先頭へ戻る