「ゆるキャン△」の舞台“巡礼”
中日本高速がスタンプラリー
21日から県内外38ヵ所

更新日:2019年03月09日(土)

 中日本高速道路東京支社は21日から、県内などを舞台に女子高校生のアウトドア体験を描いたアニメ「ゆるキャン△」のスタンプラリーを実施する。作品の舞台となったモデル地など県内外計38カ所をチェックポイントに設定、応募者にプレゼントを用意する。

 中部横断自動車道六郷−下部温泉早川インターチェンジ(IC)間、富沢IC−新清水ジャンクション(JCT)間が10日に開通することを記念したイベント。中部横断道沿線には作品のモデル地が点在していて、地域の魅力PRにつなげようと企画した。

 チェックポイントは旧下部小と旧下部中(身延町)や本栖湖(同町、富士河口湖町)などアニメ作品に登場する場所のモデル地をはじめ、峡南地域の観光スポットやサービスエリアが中心。長野、静岡両県にも設ける。

 参加者は中日本高速道路の公式スマートフォンアプリを活用。チェックポイントでスタンプを取得し、一定数集めて応募する。抽選で200人にアニメのオリジナルイラストがプリントされた直径120センチの大型タオルを贈る。

 実施期間は10月31日まで。詳細は今後、特設ウェブサイトで発表する。

ページの先頭へ戻る