「富士山」彫ったはんこ 外国人に人気

更新日:2019年03月10日(日)

 外国人観光客に日本の印章文化を知ってもらおうと、富士河口湖町の県立富士山世界遺産センターで、富士山などが彫られたはんこの販売イベントが行われている。

 はんこやケースを手掛ける天野製作所(昭和町築地新居)が初めて企画。富士山のほかに桜、侍、鳥居などを含めた6種類の和柄や、戦国大名の家紋のはんこが並んでいる=写真。10日まで。

 同社の根本勝秀常務は「多くの外国人が興味を持って訪れてくれた」と手応えに笑顔。県内の地場産品として、記憶にしっかりと刻まれることを願っていた。

ページの先頭へ戻る