29日に「富士山プレミアムコンサート2019」
演奏会サイトウ・キネン奏者、望月恭子さんと共演

更新日:2019年04月16日(火)

 「富士山プレミアムコンサート2019」が29日午後1時半から、富士吉田市のふじさんホールで開かれる。サイトウ・キネン・オーケストラのメンバー4人を招き、同市在住のピアニスト望月恭子さんと共演する。

 同オーケストラは指揮者の小澤征爾さんらが設立し、小澤さんが指揮者も務めている。今回はバイオリンの島田真千子さん、ビオラの大島亮さん、チェロの辻本玲さん、コントラバスの高橋洋太さんが来県する。

 コンサートでは、ピアノ五重奏でチャイコフスキー「くるみ割り人形」より「花のワルツ」やシューベルト「ます」のほか、バイオリンとピアノのデュオやピアノソロなども披露する。

 コンサート後には約30分間、バイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスに実際に触れて音を出してみる楽器体験のコーナーもある。

 望月さんは「日本最高峰の弦楽奏者たちの演奏を楽しみに、ぜひ足を運んでほしい」と話している。

 全席自由で一般3000円、高校生以下1000円。問い合わせは富士吉田市民会館、電話0555(23)3100。

ページの先頭へ戻る