名峰と織りなす至福のひととき
河口湖北岸

更新日:2019年04月17日(水)

 富士河口湖町河口の河口湖北岸で、ソメイヨシノ約200本が見頃を迎え、多くの観光客でにぎわっている。

 町観光課によると、北岸のサクラは4月初旬に開花。降雪の影響で遅れたが、現在は7、8分咲きとなっている。21日ごろまでに満開を迎える見通し。桜並木と湖、富士山の共演を写真に収めようと、多くのカメラマンや観光客が訪れている。

 周辺では河口湖円形ホールを中心に21日まで「河口湖さくら祭り」を開催。当初は14日までだったが、開花状況に合わせて期間を延長した。クラフト市のほか、日没から午後9時までライトアップしている。

河口湖北岸で見頃を迎えたソメイヨシノ=富士河口湖町河口
河口湖北岸で見頃を迎えたソメイヨシノ=富士河口湖町河口
ページの先頭へ戻る