登山装備>ザック

登山装備>ザック

●フィット感を重視

 「ザックを背負って登山に行こう」−。登山にザックは欠かせない。たとえ日帰りでも必ずザックを背負って出掛ける。これが手提げかばんでは、悪路や段差を乗り越えるときに、両手でしっかりバランスを取ることができない。安全に登山を楽しむための必需品だ。

 ザックは登山の仕方や日程に応じて選ぶ。雨具や飲料水、防寒具などさまざまな装備を収納するのに使う。日帰りでは容量15〜30リットル、1〜2泊程度で30〜50リットル、長期にわたる登山、テントや食料などを持っていく場合には50リットル以上のサイズが目安だ。80リットルを超える大きなサイズもある。

 メーカーによって収納機能や背負ったときの感覚は異なる。実際に山に行った場面を想定し、なるべくストレスなく使える物がお薦め。雨天時に備え、「ザックカバー」を用意しておくのもポイントだ。

 購入するときに、重視してもらいたいのは背負いやすさ。体にフィットするものを選ぼう。最近ではデザイン性を高めた商品も多い。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。