登山装備>登山靴

登山装備>登山靴

●履きやすさを第一に

 登山用品の「三種の神器」は雨具とザック、そして、もう一つが登山靴だ。遠足に行くように「履き慣れたスニーカーでは駄目なのか」と疑問を持つ人もいるかもしれないが、登山靴を履くには理由がある。安全かつ快適に登山を楽しむためだ。

 登山は長時間歩くスポーツ。舗装された道路を歩くわけではなく、重い荷物も背負わなければならない。足裏や足首にかかる負荷は思っているよりも大きいのだ。登山靴は悪路にも対応する硬めのソールを配し、長時間の歩行でも疲れにくくなっており、足首もしっかり固定してくれる商品が多い。実際に歩いてみるとスニーカーとの違いがよく分かる。

 登山靴を選ぶときのポイントは、普段履く靴を選ぶときと同様に履きやすさが第一。自分の足に合うかどうかを確かめたら、次は自分の登山のレベルや頻度に合っているかどうかを見極めよう。本格的な登山靴はソールが硬く造られており、低い山を歩く人にとっては歩きづらい。

 登山靴は車でいえばタイヤのようなもの。進む時も止まる時も常に自分の体重を預ける重要なアイテムになる。そのことを理解した上で、信頼できる登山靴を選んでもらいたい。

山梨日日新聞社 YBS山梨放送
当ウェブサイト上の掲載情報、写真等の無断複写・転載を禁止します。