2015.8.17

富士急山梨バス、甲府駅と5合目直結 富士夏山期初の運行 

 富士急山梨バス(篠原勇社長)は18日、JR甲府駅と富士山5合目を結ぶ路線の運行を始める。8月31日までで、夏山シーズンに合わせ初めて運行する。
 バスは甲府駅を出発し、石和温泉駅、河口湖駅、富士北麓駐車場を経由し富士山5合目に到着する。上り線のみで、午前8時50分発と同11時半発の2本が運行する。下り線については、富士山5合目での滞在時間が人によって異なり、乗客が集中する時間の判断が難しいことなどから今年の運行は見送った。
 乗客として見込んでいるのは、長野方面から富士山観光に訪れる人や石和温泉郷を訪れる宿泊客など。バスの出発時間は、宿泊客が宿をチェックアウトしてから、日帰りで富士山5合目の観光ができる時間帯を選んだ。
 同社によると、これまで国中地域から富士山5合目に至る路線はなく、河口湖駅でバスを乗り換える必要があった。バスの乗り換えに最長で約30分の時間がかかる上、河口湖駅で乗車する客などで混雑し、5合目まで席に座れないなどの不便を強いる場面もあったという。今年の利用状況を踏まえ、来年以降も運行を継続するか判断する。
 篠原社長は「アクセス面を整備することでさらなる観光客の増加が見込める。利便性を高め観光客の満足度向上につなげたい」と話している。

広告
月別
年別