2015.11.18

忍者の里オープン、観光客でにぎわい 忍野  

 富士急行(富士吉田市)は10日、忍野村忍草に、忍者をテーマにした観光施設「忍野 しのびの里」をオープンした。
 主なターゲットは外国人と子ども。園内には、隠し扉などの仕掛けがある「からくり屋敷」、手裏剣投げができる「手裏剣道場」=写真=といった体験型施設のほか、季節ごとの花が楽しめる日本庭園、富士北麓の野菜や魚を使った日本料理を提供するレストランなどを配置。散策で疲れた足を癒やす足湯もある。
 オープン初日は多くの家族連れなどでにぎわい、忍者装束に身を包んで楽しむ人の姿も目立った。手裏剣投げに挑戦した南アルプス市田島の内藤叶愛ちゃん(9)は「的に手裏剣を当てられてうれしかった」と笑顔で話していた。
 入園料は中学生以上が700円、子ども(3歳以上)が400円。営業時間は午前9時~午後5時。

広告
月別
年別