2016.1.26

フジサン特急2000系2月に引退、 記念グッズを発売 富士急行 

引退記念グッズを購入する家族連れ=富士急行線富士山駅

 富士急行は19日、富士急行線富士山駅などで「フジサン特急2000系さよならキャンペーン」を始めた。来年2月に引退する同車両の記念グッズなどを販売している。
 キャンペーンでは、引退記念グッズとして、入場券やクリアファイル、マフラータオルなどを販売。河口湖駅、大月駅、富士山駅に引退までの日数をカウントダウンする顔出しパネルを設置している。
 富士山駅は同日、2000系の引退を惜しむ多くのファンでにぎわった。記念入場券を購入した神奈川県秦野市の自営業、荒井裕一さん(46)は「名残惜しいが、お疲れさまと言いたい」と、2000系をねぎらった。
 2000系は、JR線を走っていた165系の「パノラマエクスプレスアルプス」をリニューアルした車両。フジサン特急として2002年から運行を開始し、180度の眺望が楽しめる先頭車両の展望室などが人気を博した。車両の老朽化などの理由で来年2月7日に引退する。キャンペーンは同日まで行う。

広告
月別
年別