2016.4.26

富士山ビュー特急、来月23日運行 富士急行、23日から予約受け付け 

 富士急行は16日、富士急行線の新型特急「富士山ビュー特急」の運行を4月23日に始めると発表した。特別車両(1号車)は予約制で、今月23日から予約の受け付けを始める。
 富士山ビュー特急は3両1編成で、大月-河口湖駅間を平日2往復、土日祝日は3往復運行する。2、3号車は自由席車両で、事前予約の必要はない。
 特別車両は26席で、コーヒーや紅茶などの飲み物が付く。土日祝日の3往復のうち2往復は、季節ごとの特製スイーツが提供される「スイーツプラン」専用車両となる。
 富士山ビュー特急はJR九州の豪華寝台列車「ななつ星in九州」などを手掛けた工業デザイナー水戸岡鋭治さんが担当。車内は木材を多用したホテルのような空間で、車窓から富士山の眺めを楽しむことができる。
 料金は2、3号車が運賃と特急料金400円。特別車両は、さらに特別車両料金900円がかかる。スイーツプラン専用車両は運賃や特急料金などを含めて4千円。
 問い合わせは富士急行交通事業部、電話0555(22)7106。

広告
月別
年別