2016.5.23

北麓-飛騨高山、高速バス運行 富士急  

 富士急山梨バスは15日、岐阜県高山市と富士北麓を結ぶ高速バス路線「富士山・富士急ハイランド~飛騨高山線」の運行を始めた。
 同路線は、飛騨高山地方を訪れる外国人旅行客を富士北麓へ呼び込もうと開設。同日は岐阜・高山濃飛バスセンターで開業式を行った=写真。テープカットの後、富士急山梨バスの篠原勇社長は「両エリアの観光活性化が図れると確信している」とあいさつした。
 富士急行線富士山駅と、JR高山駅に隣接する高山濃飛バスセンターが発着点。河口湖駅や濃飛バスの平湯温泉バスターミナル(高山市)を経由する。片道の所要時間は約4時間40分。運賃は富士山駅-高山濃飛バスセンター間が片道5千円(大人)。1日1往復で運行する。

広告
月別
年別