2018.4.27

「より道の湯」30日開業 都留 WAYS、異業種に参入 

源泉かけ流しの露天風呂=都留市つる1丁目

 車載用パネル製造などのWAYS(都留市鹿留、渡辺庸一会長)は30日、同市つる1丁目にホテルを併設した温泉施設「山梨泊まれる温泉 より道の湯」をオープンする。同社の異業種参入は初。年間約20万人の利用を目指す。
 温泉施設は富士急行線都留市駅近くに建設。同社によると、4階建て宿泊棟、3階建て温浴棟と合わせると延べ床面積は3346平方メートル。宿泊棟は1~4人用の計37部屋。温浴棟は源泉かけ流しの露天風呂がある。48人が同時利用できる岩盤浴施設も設けた。
 リラクセーションをテーマにした別棟は延べ床面積195平方メートルで、1階に休憩室、2階にエステやマッサージを受けられる部屋がある。
 同社によると、総事業費は約21億円。施設の整備、運営はグループ会社のWAYSリゾートホテル(都留市鹿留、渡辺幸吉社長)が担う。
 26日は関係者向けに内覧会が開かれ、渡辺会長が「都留市で創業し、中国など世界で事業を展開してきた。地域への恩返しをしていきたい」とあいさつした。
 WAYSは1983年、オーディオ製品のプレス部品や金型製造を手掛けるワタナベパーツセンターとして創業。2009年にWAYSに社名変更した。中国広東省に4工場、江蘇省に1工場を持つ。

広告
月別
年別