2018.4.27

彩り豊か、県内各地  

 大型連休を前に、県内各地で色とりどりの花が咲き誇っている。暑い日が続き、いずれも例年より早いペースで開花が進んだ。かれんな姿に多くの人が見入っている。
チューリップ、富士と競演
 山中湖村山中の山中湖花の都公園で、チューリップが見頃を迎えた。鮮やかな赤やピンク色に染まった花が公園を彩っている=写真右上。
 公園によると、約30万平方メートルの敷地に約30品種17万本のチューリップを植えている。例年に比べ10日程度早く開花した。品種ごとに生育状況が異なり、来月中旬まで楽しめる。
斜面染めるヤマブキソウ
 都留市桂町の宝鏡寺(佐藤宏俊住職)で、県自然記念物のヤマブキソウが見頃を迎えている。
 境内にある山の斜面に群生していて、鮮やかな黄色の花が一面を彩っている=写真右下。寺によると、今年は例年より10日ほど早い開花という。見頃は今週末まで。

広告
月別
年別