2018.5.01

四大浮世絵師の復刻版画を展示 昇仙峡影絵の森美術館 

 甲府市高成町の昇仙峡影絵の森美術館は、江戸時代の浮世絵の復刻木版画を集めた特別企画展「四大浮世絵師展」を開いている=写真。
 歌川広重、葛飾北斎、喜多川歌麿、東洲斎写楽の作品を展示。「東海道五十三次」や「富嶽三十六景」をはじめ、役者絵や美人画など計51点を飾っている。富士川で投網を打つ漁師と遠方にそびえる富士山を描いた、山梨県が舞台の作品もある。
 来年3月末まで。午前9時~午後5時で年中無休。問い合わせは同美術館、電話055(287)2511。

広告
月別
年別