2018.5.08

トライアスロン、仏チームが合宿 富士北麓で公開練習へ 

 フランスのトライアスロンとパラリンピックトライアスロンの代表チームが6日、横浜市で行われる国際大会の事前合宿をするため富士河口湖町入りした。チームは8、9日に行う練習を公開する。
 一行は、トライアスロンとパラリンピックトライアスロンの選手各4人ら計12人。12日の国際大会出場に向け、10日まで同町内に滞在する。
 6日は同町と鳴沢村が同町小立の「フジプレミアムリゾート」で歓迎式を行った=写真。同町の渡辺喜久男町長が「おいしい水や富士山麓の自然を堪能してほしい」、同村の小林優村長は「万全な調整をし、横浜の大会で活躍することを期待している」とあいさつした。フランスチームの代表は「良い結果を残せるよう練習に励みたい」と話した。
 選手団は、8日午前10時から正午まで富士河口湖町民プールで水泳の練習を、9日午前10時から正午まで富士吉田・富士北麓公園陸上競技場でランニングの練習を、それぞれ公開する。

広告
月別
年別