2019.3.03

太公望、初物に笑み 渓流釣り解禁 

 県内の主な河川で1日、ヤマメやイワナなど渓流魚の釣りが解禁となった。
 甲府市の昇仙峡を流れる荒川では、前日からの雨で水量を持ち直した河川に、山梨中央漁協がアマゴとイワナ計約1200匹を放流。早朝から多くの釣り人が訪れ、盛んにさおを振っていた。
 1日に解禁したのは峡北、山梨中央、峡東、富士川、桂川、秋山、道志村の7漁協管内の河川。2日正午に小菅村漁協、15日に早川、丹波川、都留、忍草の4漁協で解禁する。

広告
月別
年別