2019.3.28

目的地検索1位、自転車は「山中湖」 バイク「道の駅どうし」 深夜・早朝部門「ほったらかし温泉」

 経路検索アプリを提供するナビタイムジャパン(東京)によると、昨年1~10月に目的地として検索された回数の交通手段別ランキングで、「山中湖」が自転車部門、「道の駅どうし」(道志村)がバイク部門で、それぞれ1位となった。時間帯別ランキングでは深夜・早朝部門で「ほったらかし温泉」(山梨市)が1位だった。
 ランキングは、同社が提供する9種類の経路検索アプリの昨年1~10月の検索結果を集計。(1)総合(2)交通手段別(3)季節別(4)時間帯別(5)外国人観光客に人気-に分けて集計した。具体的な検索回数は非公開だが、全アプリを合計した1カ月当たりの平均利用者数は延べ約5100万人という。
 交通手段別の自転車部門で1位の「山中湖」について、同社は「景観が美しく、サイクリングに適していることなどが影響したのではないか」と説明。2位は「渡月橋」(京都府)、3位は「東京タワー」(東京都)だった。
 バイク部門1位の「道の駅どうし」には「施設のある国道413号は緊張感のあるカーブが続き、一息つく場所として重宝されているのでは」との見方。同部門では「山中湖」も4位に入った。
 時間帯別の深夜・早朝部門で「東京ディズニーランド」や「幕張メッセ」(いずれも千葉県)を抑えて1位だった「ほったらかし温泉」について、同社は「露天風呂から日の出や富士山を拝むことができる場所として認知度が高い」としている。

広告
月別
年別