2019.4.23

富士スバルラインあす全線開通 昨年より12日遅れ 

 県は22日、富士山有料道路(富士スバルライン)を24日午前6時に全線開通すると発表した。10日に降雪があったため、昨年より12日遅い。
 県道路整備課によると、スバルラインが5合目まで全線通行できたのは2月27日が最後。例年は4月中旬に全線開通していたが、降雪により除雪が必要になった。春の行楽シーズンに向けて除雪作業を急ピッチで進め、全線開通のめどが立った。
 現在は天候と道路状況により、1合目下駐車場か4合目の大沢駐車場まで通行可能。
 今後の気象状況で通行を規制する可能性もある。富士スバルライン管理事務所のホームページで最新の開通状況を公開し、情報を提供する。
 スバルラインの利用料金は往復で普通車2060円、軽自動車1640円など。今年は昨年と同様、7月10日~9月10日の63日間にわたりマイカー規制をする。

広告
月別
年別