2019.4.24

3県一斉パトで不法投棄を監視 来月から富士山周辺 

 山梨、静岡、神奈川の3県は23日、甲府・県防災新館で「富士箱根伊豆地域不法投棄防止連絡会議」を開き=写真、富士山周辺で3県一斉パトロールを実施することを決めた。
 各県の廃棄物担当者ら15人が出席。5月下旬~6月上旬に富士山周辺でのパトロールを、11月ごろに富士北麓地域で不法投棄の啓発キャンペーンを、それぞれ3県合同で取り組むことを確認した。
 また、県ごとに不法投棄の現状と対策を報告。山梨県は今月、運輸業者など5企業・団体と不法投棄の監視に関する協定を結んだことを説明した。協定では、企業・団体の社員らが勤務中の移動時などで不法投棄を発見した際、県に情報提供する。

広告
月別
年別