2019.4.25

残雪の富士満喫 スバルライン開通 

富士山を背景に記念写真を撮る観光客=富士山5合目

 富士山5合目に通じる富士山有料道路(富士スバルライン)が24日、全線開通した。4月に入ってからも降雪があったため昨年より12日遅い。
 午前6時の開通後、観光バスやマイカーが続々と5合目へ向かった。5合目は霧が立ち込め雨が降っていたが、雲の切れ間から山頂を望むことができ、観光客は写真を撮ったり、残雪で遊んだりしていた。
 和歌山県みなべ町から夫婦で訪れた坂本純一さん(68)は「静岡県側から上ろうとしたが通行できず、山梨に来た。間近で見ると富士山は本当に大きい」と話した。
 スバルラインの営業時間は時季によって異なり、4月は午前6時から、5月は同3時から営業開始。いずれも午後6時まで。気象状況で通行を規制する可能性もある。
 利用料金は往復で普通車2060円、軽自動車1640円など。今年は昨年と同様、7月10日~9月10日の63日間にわたりマイカー規制をする。

広告
月別
年別