2019.5.01

水難事故を防止、警備艇が巡回へ 富士吉田署が出艇式 

パトロールに出発するふじざくら=河口湖

 本格的な観光シーズンを迎え富士吉田署はこのほど、河口湖と山中湖で、湖上パトロールをする警備艇の出艇式を行った。
 河口湖で行った「ふじざくら」の出艇式には署や関係団体から約30人が参加。窪田豊署長が「シーズンには多くの観光客が訪れ、水難事故が懸念される。安全指導の実施などに協力してほしい」とあいさつ。窪田署長が署員に警備艇旗を手渡した。
 署員がふじざくらに旗を取り付け、パトロールに出発。河口湖でのパトロールは9月末まで行う。
 同署によると、管内では昨年7件の水難事故が発生し、4人が亡くなっている。

広告
月別
年別