2019.5.01

平成、別れは感慨深く 節目の日、駅へ 

改元記念で販売されている「平成」と刻印された入場券。「令和」とセットになっている=富士吉田市の富士急行線富士山駅

 平成最後の日となった30日、山梨県内の駅では「平成」と「令和」が刻印された時代をつなぐ記念入場券が発行され、鉄道愛好家が買い求めた。多くの人が30年ぶりに迎えた時代の変わり目に明るい未来を期待し、平成に別れを告げた。
 富士急行は、富士吉田市の富士急行線富士山駅で改元記念の入場券を販売。それぞれ「平成」と「令和」が刻印された入場券が、平成の時代に導入、引退した車両を写真や年表で紹介したシートとセットになっている。購入した入場券に日付の刻印を求める人も多かったという。

広告
月別
年別