2019.5.26

片山さん、大会成功誓う ヒルクライムPR 

 富士山周辺で開かれる「Mt.富士ヒルクライム」を前に、県自転車競技連盟アドバイザーを務める元F1ドライバーの片山右京さんら6人は24日、長崎幸太郎知事を表敬訪問した。
 訪問したのは片山さんのほか、連盟の浅川力三会長や日本人で初めて近代ツール・ド・フランスに出場した大会顧問の今中大介さん(甲府市)ら。今中さんは「国内有数の大規模レース。自転車を通じて山梨を盛り上げたい」とあいさつ。東京五輪・パラリンピック競技大会組織委で自転車競技のスポーツマネジャーを務める片山さんは「五輪の自転車競技は山梨県内を走る。大会を成功に導きたい」と話した。
 大会は16回目で、6月9日に行われる。コースは富士北麓公園から富士山5合目まで24キロで、標高差1255メートル。国内最大規模のヒルクライムとして知られ、約1万人が参加する。

広告
月別
年別