2019.5.30

「自転車王国」へ県が計画案示す 推進計画策定委 

 自転車を活用した観光やスポーツ振興策を盛る「県自転車活用推進計画」策定委員会(委員長・今井久山梨学院大教授)が29日、甲府・ホテル談露館で開かれ=写真、県が「サイクル王国やまなし」の実現を目指す計画案を示した。
 「観光」「まちづくり・環境」「安全・防災」「健康・スポーツ」の四つの視点で策定。観光は2020年の東京五輪の自転車ロードレースで道志、山中湖両村がコースになったことを踏まえ、官民が連携した活用戦略の検討や観光客の誘致などを盛った。
 まちづくり・環境はサイクリングルートとして標高差が大きい上級者向けの八ケ岳南麓高原、世界文化遺産・富士山の構成資産や湖を巡る富士北麓エリアなど9エリアを設定。市町村と連携したサイクルツーリズム推進を目指す。
 委員からは「オリンピックコースの沿道に『サイクル王国やまなし』の標識を整備したらどうか」などの意見が出た。県は夏の委員会を経て計画を公表する。

広告
月別
年別