2019.6.08

富士伏流水でゼリーを開発 ヤマフジ 

 観光土産品卸企画のヤマフジ(甲府市上曽根町、山本富士雄社長)は、富士山の伏流水を使った「ふじさんゼリー」=写真=を開発し、販売を始めた。
 「SNS映えを意識した」(同社)といい、容器は富士山の形を模して白いテープを貼り、富士山の形を再現した。ゼリーはブルーハワイ味で「クリアな口どけと喉越しが楽しめる」(担当者)という。県内の工場で生産する。
 内容量は130グラムで、1個223円(税抜き)。道の駅富士吉田で販売。担当者は「他にはないぜいたくなゼリーを目指した。販売場所も今後増やしていく」と話している。

広告
月別
年別