2019.6.08

郡内織物で令和グッズ 富士商事 梅の柄、巾着など5種 

新元号の「令和」にちなんだグッズ

 織物や染め物製品の企画・販売を手掛ける「富士商事」(富士吉田市上吉田、萱沼真実代表)は、新元号「令和」にちなんだ郡内織物のグッズを販売している。
 ポーチと巾着、ボックスティッシュカバー、名刺入れ、フォトフレームの5種類。「令和」の引用元である万葉集の一節が生まれた「梅花の宴」にちなみ、赤い生地にピンクや白の梅の花、富士山をデザインしている。巾着にはピンク、紺色の生地の商品もある。
 富士吉田織物協同組合のオリジナルブランド「ふじやま織」の商品。郡内織物の特色の一つである先染め糸を使って織り上げることで、梅の花などを立体的に見せている。
 道の駅富士吉田や甲府・県地場産業センター「かいてらす」で販売している。問い合わせは富士商事、電話0555(22)8111。

広告
月別
年別