2019.6.08

前期分散会場は鳴沢、8月3日 後期は9月13日 富士山をきれいにする運動

本年度のクリーン作戦について報告した理事会=富士河口湖・県立富士山世界遺産センター

 公益財団法人富士山をきれいにする会(野口英一理事長)は6日、富士河口湖町船津の県立富士山世界遺産センターで理事会を開いた。8月3日に行う富士山環境美化前期クリーン作戦の分散会場を鳴沢村とし、後期クリーン作戦を9月13日に実施することを報告した。
 理事や監事ら5人が出席。野口理事長は「清掃開始奉告祭を行い、本年度の活動は実質的にスタートしている。今後の活動をしっかりと続けていけるよう協力をお願いする」とあいさつした。
 事務局が本年度の富士山環境美化クリーン作戦について報告。前期は富士山5合目から6合目付近を会場とするほか、鳴沢村活き活き広場駐車場を起点に、道の駅なるさわ周辺などでも行う。後期も5合目周辺で展開する。
 また、昨年度の事業内容と決算の報告を承認。昨年度は清掃活動に157団体、1万8532人が参加して約22トンのごみを回収した。このほか、事務局が理事や監事の選任案と、一部の評議員の改選案を提示した。6月28日に開く評議員会で正式に決める。

広告
月別
年別