2019.6.15

多彩な表情見せる富士山の写真49枚展示 道の駅なるさわ 

 山梨や静岡、神奈川などの写真愛好家でつくる富士写真家連盟(稲生清市理事長)は16日まで、鳴沢村の道の駅なるさわで、写真展「至高の富士」を開いている=写真。
 連盟のメンバー23人が、昨年の連盟の例会などで入選した写真49枚を展示。千葉県市川市から撮影したスカイツリーと富士山や、田んぼに映った富士山など多彩な作品が並ぶ。同連盟の講師で写真家のロッキー田中さんの写真も展示されている。
 稲生理事長は「メンバーごとに得意分野がある。さまざまな魅力を写した富士山を楽しんでもらいたい」と話している。
 入場無料。午前10時~午後4時(最終日は同1時まで)。

広告
月別
年別