2019.7.01

富士吉田署が夏期警備本部を設置  

 富士吉田署(窪田豊署長)は30日、観光客でにぎわう富士山や富士五湖などを警備する「夏期警備実施本部」を設置した。
 同署によると、富士山の山開きに合わせ7月1日から9月10日まで設置。富士山5、6合目をはじめ、河口湖や山中湖に臨時警備派出所を設けるほか、管内をパトロールするパトカーを増やすなどして観光客や登山者の安全を確保する。期間中は県警本部や各署から、計約240人の署員が派遣される。
 この日は同署の小宮山文貴地域交通管理官らが、同署の入り口付近に看板を掲げた=写真。

広告
月別
年別