2019.7.24

町から望む絶景富士、富士川 写真愛好家の19点展示 

 富士川町内から撮影した富士山の写真展が28日まで、同町最勝寺の「ギャラリーMARU」で開かれている。ギャラリーを運営する丸山茂秋さん(70)は「富士川町から望む富士山の魅力を大勢の人に知ってほしい」と話している。
 町内外の写真愛好家12人が同町十谷や小室、平林、高下などから写した19点が並ぶ。四季折々の富士山の眺望を鑑賞することができる。
 同町平林を通る林道から2018年12月24日早朝に撮影した写真は丸山さんが出展。山十製紙(身延町)が開発した、水晶の粉末をすき込んだ手すき和紙に印刷している。
 丸山さんによると、富士山が満月の月明かりで照らされ、雨上がりで眼下には霧が広がっていたという。丸山さんは「幻想的な雰囲気に興奮して慌ててシャッターを切った」と振り返る。
 午前10時~午後6時。会期中は無休。問い合わせは丸山さん、電話080(5078)1098。

広告
月別
年別