2019.7.30

浮島への地続き解消 河口湖、梅雨で水位戻る 

水位が上昇し、六角堂のある浮島への地続きが解消された河口湖=富士河口湖町小立

 少雨のため大幅に減水していた河口湖の水位が、梅雨期間中のまとまった降雨で平年並みに戻った。南岸から沖にある浮島までの地続きも解消された。
 富士河口湖町などによると、河口湖の水位低下が顕著になったのは4月末ごろ。春先の雨量が少なかったことが影響し、6月下旬の水位は基準水位からマイナス2.9メートルだったが、梅雨明けした今月29日午後7時現在は平年並みのマイナス2.27メートルまで回復した。
 浮島は4月末から地続きになっていたが、同日までに解消された。甲府地方気象台によると、河口湖の6月の降水量は215ミリ、7月は28日までに206.5ミリで、いずれも平年値を53.1~43.8ミリ上回り、町の担当者は「大きな台風が来るまで水位は戻らないと思っていたが、梅雨期間中のまとまった雨で水位が戻った」と話している。

広告
月別
年別