2019.8.05

【富士山臨時支局】「巨鯨」花火の潮吹く  

 山中湖報湖祭が開かれた1日、富士山8合目の山小屋からは次々と打ち上がる花火を眼下に見ることができた=写真。鯨の形をしている山中湖。登山客は、まるで「巨鯨」が潮を吹くような幻想的な情景に見入っていた。

 報湖祭では午後8時ごろから1時間にわたり、山中、旭日丘、平野、長池の4地区から、約1万4千発の花火が打ち上げられた。少し雲がかかっていたが、赤や緑、紫など色とりどりの花火が湖面や湖畔の街並みを明るく照らした。

 鯨の頭部に当たる西側のエリアでも花火が打ち上げられ、潮吹きのような光景が見られた。

(2019年8月3日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別