2019.8.10

大月の名所、小中高生PR

富士急行線、英語で外国人客に

外国人観光客に大月の観光地を英語で紹介する児童と生徒=富士急行線大月駅

外国人観光客に大月の観光地を英語で紹介する児童と生徒=富士急行線大月駅

 大月市内の小中高校に通う子どもたちは7日、英語力とコミュニケーション能力の向上を目的に、電車内で外国人観光客に市内の観光地などを英語でPRした。

 2020年度から英語教育が小学校でも本格導入されることやグローバル社会に対応する人材を育成しようと、市教委が企画した。今年で2回目。

 市内の7小中学校と都留高の児童生徒33人が参加した。参加者は英語教諭の指導を受けて事前学習を行い、市内の観光地を英語でPRする表現方法などを学んだ。

 この日は8グループに分かれ、富士急行線の大月-都留文科大学前駅間を往復。外国人観光客に話し掛け、岩殿山や猿橋など市内の名所について説明した。

(2019年8月8日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別