2019.8.07

【富士山臨時支局】協力者にバンド、50施設で「特典」

関係企業が作製、配布へ

入山料の協力率アップを図ろうと作製したリストバンド

入山料の協力率アップを図ろうと作製したリストバンド

 富士山入山料の協力率アップに向け、県から徴収業務を請け負う業者の関係企業が、飲食店などのクーポンを入手できるQRコード付きリストバンドを作った。11日から5、6合目の徴収所で入山料を支払った登山者に配布する。

 企画したのは、県から業務委託を受ける「日富士」(富士吉田市)の社員などでつくる「XREVE」(同市、鎌倉有佑代表)。登山者に支払いの協力を求める際、お薦めのスポットを聞かれることが多いことから企画した。

 リストバンドはシリコン製。光を吸収して暗闇で光る素材を使っているため、暗い中での登山をサポートする効果もあるという。2万個作製した。

 クーポンは同市や富士河口湖町などの飲食店やホテル、温泉など約50施設が対象で、今後、利用できる施設を増やしていく。QRコードでは五合目総合管理センターなどの緊急連絡先も紹介している。

 鎌倉代表は「入山料の協力率アップにつなげたい。登山者が富士北麓地域を楽しむきっかけにもなれば」と話している。

(2019年8月5日付 山梨日日新聞掲載)

広告
月別
年別